名古屋 エコ買取

ご自宅の不用品・オフィスの不用品など買取ます

まだ使えるのに捨てるなんてもったいない

エレキギター、アコースティックギターの買取

エレキギター、アコースティックギターの買取

エコ買取.JP ではギターの買取をしております。

楽器のなかでも人気が高いのが、ギターです。エレキギター、アコースティックギターは品数も豊富で、様々なタイプのギターがあります。ギターには楽器という音を奏でる道具を越えた芸術性なども高く評価されています。

ギターの魅力といえば、コードの押さえ方を幾つか憶えてしまえば、それなりの曲が演奏できてしまうということと、自分でギターを弾きながら唄うという、弾き語りなども出来てしまうということですね。そういった手軽さがあるために人気が高い楽器のひとつとされています。楽譜を読むのは苦手だけど、音楽は好きだという人には向いていますね。そして、ギターは場所をとることがありませんから保管しやすいですし、持ち運びも便利です。

昔はフォークギター、フォークソングという言葉を使っていましたが、今はそういった言葉は使いません。アコースティックギターを弾きながら唄うことを弾き語りと呼んでいます。これも時代の流れでしょうか。

ギターの種類は大きく分けてエレキギターとアコースティックギターに分類されます。

ギターの種類を見てみましょう。

 


 

エレキギター

エレキギターは、その名の通り電気を通して弦の振動を拾い上げるピックアップというマイクが取り付けられています。アンプと呼ばれる音響機器に接続をして音を出します。

エレキギターは大きく2つに分けられます。

ホロウボディギター と ソリッドボディギター です。

ホロウボディギターはギターのボディが中空となっています。一般的には箱鳴りと呼ばれる、ボディの中空となった部分でしっかりと音を拡声させることが出来ます。ジャズギターなどはホロウボディギターが多いです。セミアコ、フルアコと呼ばれるタイプがあります。

ソリッドボディギターはボディの中空になっていませんので、そのまま弾いて小さな音しか出ません。アンプにつなげてこそ、そのギターの本当の音色が活かされます。エレキギターといえば、殆どがソリッドボディギターとなっています。

人気のあるエレキギターといえば、ストラトキャスター、レスポール、テレキャスターというタイプがあります。ブランドは、フェンダー、ギブソン、エピフォン、グレッチなどがあります。

エコ買取.JP では 様々なメーカー、ブランドのギターに対応した適切な買取査定をしております。

エレキギター、アコースティックギターの買取 査定 ご相談 | エコ買取.JP

 


 

アコースティックギター

電気を通すことなく音を奏でることが出来ます。そのため、ギターのボディは中空構造となっており、その中空があるからこそ音を拡声することが出来ます。使用する弦は鉄、ニッケル、ステンレスで造られた弦を使用することが殆どです。

演奏スタイルは人それぞれでピックを使って弾く人も居れば、指で弾く人も居ます。ピックを使用して演奏することを前提としていますので、ボディにはピックで演奏をしたときにキズが付かないようにピックガードが取り付けられています。昔はフォークギターと呼んでいました。

クラシックギターもアコースティックギターと似ていますが、厳密には異なる面が幾つかあります。クラシックギターの弦はナイロン弦を使用して、クラシックの曲を指で弦をはじいて弾くということを前提で作られています。ですので、クラシックギターにはピックガードが取り付けられていないタイプが殆どです。そして、アコースティックギターより少しボディが小さめとなっています。

エレキギター、アコースティックギターの買取 査定 ご相談 | エコ買取.JP

 


 

ギターを買取に出す前に

まずは付属品を確認することが大切です。
ギター本体、ケースの有無、トレモロ(アーム)などの付属品、メーカー保証書がある場合には添えつけて下さい。また、シリアル番号などが判別できるような製造番号などもあれば添えつけてください。

ギターの弦は外さずに、少し緩めておくだけで良いです。
ギターという楽器は弦を張るということを前提としていますが、弦を張ることによって張力を常に与えておくとネックが反ってしまうことがありますので注意が必要です。

ギターを買取に出すのであれば、まずはギターを綺麗に清掃をすることが大切です。弾きっぱなしで、ボディに汚れが付いていたりする場合は柔らかい布でしっかりと汚れを落としてあげると良いです。

また、ブリッジ、ペグ、トレモロなどの金属で作られているパーツは、酸化して表面がくすんでしまっていることもありますが、綺麗にしておくことで査定額がアップすることもあります。

ボディなどに多少のキズがあっても買い取り対象となることもありますので、ご相談ください。

ネックが折れている、ネックに亀裂が入っている、ネックが極端に反っている、ボディが割れてしまっているといような場合は、買取が出来ない場合がありますので、ご了承ください。

エレキギター、アコースティックギターの買取 査定 ご相談 | エコ買取.JP

 


 

ギター関連周辺機器の買取

ギターだけではなく、ギター関連の周辺機器も買取しています。例えば、アンプ、デジタル・チューナー、エフェクターなども買取しております。

エレキギター、アコースティックギターの買取 査定 ご相談 | エコ買取.JP

 

 

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

  • 最近の投稿
  • ピックアップ
  • Category
  • Tag Cloud
Return Top